爽やかな森の香りで
心身を解きほぐしてくれる

樹皮や枝葉に強い香りがあるクロモジは、水蒸気蒸留法によって精油が採取され、アロマテラピーにも用いられています。
クロモジの精油は、南米の熱帯雨林に生息し、今では採取が制限されているローズウッドの香りに似ているとよく言われます。

クロモジもローズウッドも同じクスノキ科で、ウッディな中に甘いフローラルが加わったような香り。森の爽やかさや落ち着きが感じられ、心身の深いリフレッシュ、リラックス効果が期待できます。どちらも主成分は香料としても有用な「リナロール」であることも共通しています。

リナロールがもつ機能として挙げられるのは、抗菌作用や抗ウイルス活性、抗炎症作用、免疫機能回復作用、かゆみの抑制、鎮静作用など。

クロモジの精油を使ったハーブウォーターは、リフレッシャーとしてだけではなく、直接肌に吹き付けて保湿する他、炎症やかゆみを抑えるのにもおすすめです。