地域

クロモジの新しい森の3K(健康・観光・教育)を探る

森林資源の保全、再生に取り組む「いいじま森の会」

南信州伊那谷に位置する長野県飯島町で、里山や森林資源の保全、再生活動などに取り組む「いいじま森の会」。自然保護・町の活性化・人の交流を目的とした、町民による有志活動に多くの企業や個人の賛同が集まり、クロモジの植樹・育成から、町の特産品としてクロモジ関連商品開発、流通までを一貫して進めています。(写真上:多くのクロモジが自生する、活動拠点「町民の森」)

驚くのは、会の発足後わずか2年の間に町や地元企業のお墨付きをいただき事業化している点です。そこには、「自然を想う」、「森といきる」を合言葉に、自然環境を守ることで地域の活性化を目指す強い信念がありました。会長の福田富穂さんと副会長兼クロモジ商品開発担当の伊藤秀一さんに、活動の着眼点やアイデアの実現方法などを伺いました。

会長の福田富穂さん
会長の福田富穂さん
副会長の伊藤秀一さん

お二人がクロモジを知ったのは、各々ボランティアで里山整備などに携わるようになってから。「山登りが趣味で飯島町に移住し、檜の森での間伐後に多くのクロモジを見て、活用できないかと感じました」と福田さん。地元出身の伊藤さんは、同じく足元にあるクロモジに気付き調べると、近所に工場がある養命酒の原料の一つがクロモジであることを知ります。「そこで駒ヶ根工場に伺い、勉強させてもらったんです。身近にある植物に芳香と薬理作用があることに驚き、活用しない手はないと思いました」。そして、もう1人加えて3人が意気投合し、2019年5月に本会を設立。町の財産を後世へ持続させるために新しい森のスタイル創りを目指しました。

認知1割からのPRの心得

「地元で調査するとクロモジの認知度はわずか1割程。そこで、地元メディアを中心に我々の活動内容を広報しました。魅力的な素材なので、認知が上がれば良さは広まり、会員が増えればそこから認知も広がると考えました」と伊藤さん。
地元で様々なボランティア活動をしてきた福田さんや伊藤さんは、求心力も絶大。「我々の活動目的は明確ですし、養命酒の原料であることも手伝い、クロモジの香りを手にしながら自信をもってPRすることができています。会員も増え、その賛同に背を押され、さらに士気が高まっていますよ」

“まねる”ことから始め、差別化に成功

クロモジの商品化のターニングポイントになったのは、数年前に長野県主催で行われた“山の感謝祭”イベントでした。森の勉強のためにと参加した伊藤さんは、養命酒製造が出展するブースに遭遇。様々な団体が開発するクロモジ商品やクロモジの生産工程などの紹介を見て、関連商品の多さに驚きつつ、自分達もまずやってみようと刺激を受けたと言います。

2021年開催の“山の感謝祭”では「いいじま森の会」のブースを出展

「“学ぶことはまねることから”とも言われるように、全国から関連商品を取り寄せ、早速モノづくりの経験があるメンバーをリーダーにお茶と蒸留水の研究を始めました」。

使用する部位や茶葉の作り方を試行錯誤した結果、飯島町のクロモジでは葉と葉柄を焙煎するとコクが出て美味しいということが分かり、商品の特徴付けにも成功。お茶の専門業者の協力を得て、商品化に漕ぎ着けたそうです。蒸留水については、蒸留器を購入し、2年間で試行した蒸留は50回! データを取って研究を進めつつ、薬機法の関わりもあるため、地元の化粧メーカーやアロマテラピー経営者にもアドバイスを受けたりして、商品化を果たしました。

蒸留器
試験研究に使用した蒸留器

「お茶もそうですが、自然素材は採取時期によって成分や芳香が一定しないのが難しいところですね。その半面、春先の香りは爽やかで夏場はぐっと濃くなるなどの違いが面白い。採取して2~3週間乾燥させて蒸留すると芳しい香りになることが分かってきました」と、伊藤さんは自然の奥深さを楽しそうに教えてくれます。

クロモジ芳香水
商品化したクロモジ芳香水

また、クロモジ茶をパウダー化し生地に混ぜ込むと、バジルのようなハーブ香るクロモジパンが焼き上がり、人気も上々。現在その他の商品開発にも鋭意取り組み中とのことで、食品としてのポテンシャルの高さを感じます。

クロモジパン
地元パン屋「ちょこたん」のあんこ入りクロモジパン

楽天でクロモジ商品が町の顔に

こうして開発された商品は、商品自体が町のPRやクロモジ認知度アップになると考え、内外で着目される作戦に踏み切りました。地元の道の駅や店先に陳列すると共に、飯島町が町起こしのために楽天市場に開設した「飯島町営業部」の出品に参画。新聞やラジオ等で「いいじま森の会」が紹介されると、楽天からの注文が増えることも分かってきました。

100本のクロモジ幼木を植栽

植栽イベント
植栽イベントには信州大学の学生さんも参加

もう一つの活動の柱になるのが、クロモジの育成と保護です。今年5月には、町の協力を得てヤマハンノキが生えている一角に広さ1000㎡の育林場を整備し、別の場所で混み合っている幼木を間引いてここに移植しました。また、クロモジの挿し木ポットを会員へ配布して育ててもらう試みも。これも含め植栽作業を3回、植え付けたクロモジは合計100本。「クロモジは自生する森に触れ、香りを嗅ぐことでより魅力が伝わる植物だと感じます。育林場を設けることでクロモジを保護すると共に、育つ様子を町民にも見てもらい、皆で学び、研究し、深く知ってもらえたら嬉しいですね」。

クロモジの課題と可能性

今後の課題と展望について伺うと、「クロモジは知るほどに可能性を感じます。素材の魅力はピカイチなので、いかに認知を上げていくか、どう訴求していくかが課題ですね。また、植栽の方法や蒸留のコツといったことも研究会で共有できるようになるといいですね」と伊藤さん。福田さんは「森の可能性を示す3Kの森(健康・観光・教育)という言葉があるようですが、森の再生を行う中で、この活動が地域経済の安定や町の交流・活性化につながることを実感しています。薬理作用が期待されるクロモジを保護し、森林セラピーなど健康づくりの取り組みを付随することでヘルシーツーリズムとして、さらには“健康長寿の延伸”に貢献できると感じています」と願いを込めて語ってくださいました。