栽培

きさらづ里山の会と千葉大学によるクロモジ生育特性の研究

クロモジ産業化への期待と持続的活用を目指して

苗木の横から萌芽が発生 しやすいのも特性
苗木の横から萌芽が発生 しやすいのも特性

古くから手作りクロモジ楊枝の産地として知られる千葉上総地区。この地で里山の保全・整備活動を行う「きさらづ里山の会」副会長柴崎則雄さんは、新たな森林経営の資源としてクロモジに着目し、千葉大学園芸学部准教授高橋輝昌先生の協力を得てクロモジ植栽試験を実施しています。

きっかけは、柴崎さんが森林研究の講座に参加した際、“クロモジは挿し木で付く”と聞き、試したところ上手くいったからだそうです。面白い!と思い調べてみると、里山の所々に自生し、伐採後捨てていたクロモジからは芳しい精油が採れることがわかりました。その精油は「和のアロマ」として森林業界でも有望な資源として注目されています。また杉や檜を建材として活用するには半世紀程かかる中、クロモジは3年程で資源となり、さらに新しい芽(萌芽)が出やすいので永続的に育成できることから、植栽による産業化への可能性を感じたそうです。

しかし、クロモジ植栽に関する研究文献はほとんどなく、試行錯誤の繰り返しであったため、千葉大学にクロモジ苗木の生育特性の調査を依頼。高橋先生らと共に2017年3~5月にかけてクロモジの苗木を植栽し、まずは「日照条件の生育比較」をテーマに個体の計測、データ分析を継続しています。この取り組みは、高橋先生により2019年の日本森林学会大会でも報告され、学会関係者から注目されました。

明らかになってきた生育特性

梅雨頃に新梢(しんしょう)の部分を挿し木すると活着率が良いよう
梅雨頃に新梢(しんしょう)の部分を挿し木すると活着率が良いよう

試験地で計測しているのは、日向と日陰(樹冠下区)に植栽した苗木の幹や枝の太さと長さ、芽の密度、萌芽の数とサイズ、精油の抽出量の違いなど。通常クロモジは工芸品や楊枝の材料には太めの幹を、精油抽出には葉を多くつけた細い枝を使うなど、用途によって求められる形状が異なるため、生育環境の違いが形状に与える影響を明らかにし、産業化する上で効率の良い栽培方法を検討しています。

植栽3年で見えてきたことは、「日向」では枯死率がやや高くなるものの、生存個体では幹が太く、苗木1本当たりの平均萌芽数は日陰の約2倍になることや、「日陰」では枯死率が低く、幹が細く高くなり、枝を長く伸ばす個体が多くなることなどです。収穫時期や枝の太さにより精油の抽出量に違いが出る傾向もあるようでした。

また、精油は枝の密度が高い個体ほど多く抽出できるため、やがて枝になる芽の密度が高くなる生育条件を探っていますが、現時点で特定の条件は見られず、数年後の結果が期待されています。今後は、株の雄雌による生育特性や精油抽出量の違い、収穫時期による香りや成分の違いなどを調査していくそうです。

好循環が期待されるクロモジ資源

定期的にクロモジ苗木の幹長と地際直径を測定
定期的にクロモジ苗木の幹長と地際直径を測定
クロモジ精油と芳香蒸留水を製造販売している
クロモジ精油と芳香蒸留水を製造販売している

クロモジの生育特性が明らかになり、里山でのクロモジ植栽が進めば、森林に人の手が入ることで山を守ることにもつながります。また、収穫したクロモジが里山の保全・整備の資金源にもなるという、持続可能なサイクルが生まれます。

継続的にクロモジ資源を枯渇させず、産業として発展させるためにも、柴崎さんと高橋先生が行うクロモジ生育特性の研究、データの普遍化に今後も注目と期待が集まります。

「久留里伝統黒文字楊枝伝承会」の活動

講習会を通してクロモジ楊枝細工の技能を受け継いでいる
講習会を通してクロモジ楊枝細工の技能を受け継いでいる

千葉県上総地区は、古くから手作りクロモジ楊枝の産地でした。江戸へ出荷され、他の産地よりも香りが良いと評判で高値で取引されていたそう。現在も地域の伝統技能を守る活動として、クロモジ楊枝細工の講習会を開催しています。

この方にお話を伺いました

クロモジ研究会 会員
きさらづ里山の会・クロモジ部会  千葉大学園芸学部
柴崎 則雄さん・高橋 輝昌先生

左:新エネルギー研究の経歴を持ち、地元木更津にUターン後は精力的に里山活動を行う柴崎則雄さん。右:柴崎さんの熱意、クロモジの可能性に魅かれ研究に参画した千葉大学高橋輝昌先生。森の物質循環がご専門。