生薬としても使われてきた
癒やしの香りの和製ハーブ

クロモジと聞いてすぐ、老舗和菓子店などで使われる高級楊枝のことを思い出す方もいるでしょう。江戸時代の文献にも登場するほど歴史は長く、当時の人々はその香りの良さだけではなく殺菌作用があることも知っていたのかもしれません。

古くから生薬としても活用されています。生薬名は「烏樟(うしょう)」といい、芳香性健胃薬として、胃腸の働きをバランスよく整える効能も確認されています。

クロモジは昔から、私たちの生活に関わりの深い植物なのです。